アンスコ・オートマチック・レフレックスのフード2006/10/21 16:37

アンスコ・オートマチック・レフレックスのフード。
 またまたフード病です。もうええかげんにせえよと怒られそうですが、やはりフードつけずに表に持ち出すのは、帽子かぶらずに表へ出るようなもので妙に落ち着きません。アンスコ・オートマチック・レフレックスもフードが無いために表に持ち出せなかったカメラです。
 フードはハンザ製とツバサ製の丸形フードを入手しました。口径は33mmかぶせ式です。ハンザは黒でツバサは銀です。ゴーヂャスなアメリカン・デザインの二眼レフはUSJで撮影するために購入しました。あのアメ車に負けない二眼レフはこれしかない!
 フードも来たことだし、USJ行ってこよう!

コメント

_ バーソ ― 2011/09/10 17:23

文章が面白くて、「写真機」の項、全部読ませていただきました。●わたしもアンスコレフを持っていますが、特に金属部にアメリカの古き良き時代の匂いを感じますね。●同じく、フードが好きなほうで、高価なレンズにフードを付けてない人を見ると、素人だなと内心バカにするところがあります。同じような風土病でしょうか。●一番最初に使ったカメラ、おっと写真機ですか、それはリコーレフ・ミリオンで、かぶせ式フードがすぐ外れたのを思い出しました。●最近は花形フードが多く、あれは四隅が切れ込んでいるのが気になります。レチナⅢCのフードは、いかにも写角にぴったりそうな深い角型で、黒の塗装もなかなか決まっていて、いいですね。

_ うろぼろす堂 ― 2011/09/13 11:29

バーソ さん

 コメントをありがとうございます。アンスコをお持ちの方がいらっしゃったとはご同慶の至です。ちょっと使い慣れる必要があるものの、眺めて楽しいTLRですよね。私はフード病が治ったつもりで居たのですが、やはり古いカメラにはフードがないと落ち着きません。もうフード病は持病ということで居直ってしまおうかと思っています。レチナのフードは私のは樹脂製で深さは充分なものの質感はあまりよくありませんが、それでもやはり愛用しています。

_ savannawhittenburg.weebly.com ― 2017/08/02 01:16

Having read this I believed it was very informative.
I appreciate you spending some time and effort to put this article together.
I once again find myself spending a lot of time both reading and leaving comments.
But so what, it was still worth it!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uroboros.asablo.jp/blog/2006/10/21/569339/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。