今日は写真の日2010/06/01 17:16

 でも本当は、今日じゃなかったらしい。

http://www.psj.or.jp/gekkan/about/gekkan2003.html

 でもまぁ、それでも写真の日があるだけで、なんだか気分がいいから構わないでしょう、まったく。

 今、大阪写真月間で作品を展示してもらっています。モノクロ写真…おっと、モノクロ"銀塩"写真です。
 モノクロに置いてもデジタルの方にアドバンテージが有る現在、なぜ銀塩ウェットプロセスのモノクロ写真なのか?と問われれば、それが趣味だからとしか言いようがありません。

 いろいろと理屈を言えといわれれば、ありますが、もうこんな年齢だしそういうことも面倒くさくなってきています。まぁつまりは好きなのですね。面白い。無論、同時にデジタルもまた面白いのですけどね。

 どちらがどうなんて真剣に論争するのは…わかっていて遊びで論争するならともかく…ライカコンタックス論争でも無いですが、そんなものアホらしいだけです。どっちだっていいじゃないですか?好きな人が好きなように写真作品を作って人に見せて見た人がこれが好きあれは嫌いと楽しめばいいのではないでしょうかね。

 銀塩写真を見て「え?こうやってでも写真って作れるの?」ってびっくりする人がそろそろ現れて来ているんじゃないか?なんて事も思います。それをまた面白いと言う若い人も出てくるかも知れません。

 写真作品を作るに至る路は一つではない。かつて一つだったときにはお金や技術やなんかで序列ができてつまらない人物が幅をきかしたりしていました。でも今はだれもが簡単に目的にまでたどり着けます。それは素晴らしいことではありませんか?

 私の住んでいる街の少し南に生駒山があります。生駒山へ登るには人道を歩いてゆくも良し、阪奈道路から信貴生駒スカイラインを車で行くも良し、ケーブルカーもあればMTBでも行けます。生駒山から大阪平野や奈良盆地を見る、そこへ至る手段はがいろいろと選べるなんて楽しいことでしょう?

 写真も作品を作る手段がいくつか選べるってのは、それは実に豊かなことだと思うのですね。
 多様性を認めてたのしくやりたいものです。排他的になるのは、嫌ですね。

 さて、そろそろ夕暮れです。写真の日の一枚を撮影に行ってきましょう。やはりフィルムで撮っちゃいますけどね。